50works

50代を楽しむブログ

甘酒の飲み方とその効果。米麹はどこで買ったらいいか、身体に良いらしいとか。

      2017/01/13

先日、炊飯器と米麹で甘酒を作りましたが、美味しい飲み方があるというのでやってみました。




豆乳甘酒

こちらは飲む分量分だけ作ります。

甘酒の3分の1〜半分量の無調整豆乳をいれて鍋で煮立たせないよう混ぜながら温め、湯気がたったらすぐに火を止めます。ちょっとミルキーな風味がでてよりまろやかに。美味しい!

寒い時に豆乳を温めて飲むことがあったのですが、それよりも温まりますね。

他にはすりおろした生姜を入れたり、牛乳で割って飲むなども美味しいそうです。

麹の入手方法

今回は食品宅配で頼んだ米麹を使用しましたが、最近は塩麹などの流行もあってかスーパーでも乾燥米麹が売り場に並んでいます。使ったことはないので味はわかりませんが…。今度やってみよう。

地元の麹屋さんがあれば直接購入するのも良い方法です。

私が信頼しているお店は横浜の小泉麹屋さんです。
甘酒用ではありませんが、いつもこちらの麹でお味噌を仕込んでいます。夏を超えたあたりの若いお味噌の味はまた格別(私だけかもしれませんが)。作らないと味わえないお味。「甘酒のもと」も販売されているようですので、間違いのない米麹のお味を確かめるには良いかもしれません。

ネットでも多く扱っています。

★楽天ですとこちらが安くて評判も良い感じ!試してみたいですね。1キロあれば2回分と塩麹も余裕。作った方のレビューも多いので安心です。★

なんとこんな便利なものまで。常飲するなら炊飯器を1日占領されるよりもあると便利かも!豆乳でヨーグルトも作れるのはいいですねー。

お子様が飲まれるなら安心、安全を考えてこだわった米麹を使うのもありですね。それでも市販の甘酒を購入するより安いかも?特に生の米麹は美味しく出来上がると聞いています。私も次回は生麹で作ってみよう。

甘酒は朝食にぴったり

ビタミンBや繊維なども含まれ、ダイエットや健康の為に甘酒が注目されているようです。
たくさんの情報がネットにありますが、書いてあることはほぼ同じなので割愛します。
感じたことは、朝食欲がなくても飲みやすく、お腹の調子が良いこと。
そしてなにより、美味しい!
夏は冷やして飲んでも美味しいらしいので作っていきたいと思います。

作り方のエントリーはこちら↓

米と米麹で甘酒を作ってみた。これは美味しい!

〈この記事はウワズミ。の過去記事です〉




 - 食べること。