50works

50代を楽しむブログ

電化製品を減らしてみてもなんとかなったりするけど、必要の無いものほど捨てられない罠。

      2017/01/13

テレビ、ビデオ、電子レンジがありません。

結構物理的な理由なんですけどね。






 

もともと貰い物のテレビと電子レンジだったのですが引っ越しを機会に両方処分しました。処分費用どうこうもあったんですが、自力で処分することができなかったんです。

ブラウン管TVは家から外に出すのが大変で、その後処分を受け付けてくれるところまで車で運ばないといけない。問い合わせたらトラックをそのためだけに手配しなければならないということでなかなか動けず、長いことそのままでした。電子レンジも同じように処分できないことを考えて引っ越しの時に処分。

電気屋で新しく買えば引き取ってもらえるのですがそれもやめました。設置や搬出やそのための手配を考えると頭が痛くなります。処分がこんなに大変なものを買いたくないし、もともとほとんどテレビは朝の時計代わりにしか観ていなかったのでこれを機会に視聴を辞めました。

電子レンジは…食べ物が美味しくならないのであんまり好きではないんです。おかげさんで食べなくなったものは多いですが、なんとかなるものです。ご飯や蒸し物は蒸気で蒸し、揚げ物は油で揚げ、焼きものは焼けばいいだけ。それが面倒だからの電子レンジなんですが、多分、料理が好きなんだと思います。家族も同じだったので無くても困りませんでした。オーブンが無くなったのは残念でしたが、ダッチオーブンをもともと使っていたので、こちらの出番が増えました。

その次は浄水器を無くすことにしました。無いお家もありますよね。前の家は築30年弱で、おそらく鉛を使った水道管。お水が不味すぎてブリタをつかっていましたが、今はブリタを通すよりそのまま飲む方が美味しいくらい。よかったなあ。

一方でどんどん増えていっても処分できないものがあります。
パソコンやガジェット。一人一台どころではありません。私が普段使っているものだけでMacBook Pro2台、タブレット、Androidスマホ、iPhone5(wi-fiのみで使用)、GearVR。使い方は割愛しますが、我ながらなにやってんだって感じです。

〈この記事はウワズミ。の過去記事です〉





 - ログ